gundollの考察

特撮が生活の中心な私、gundollがリミッターなしで感想をぶちまけるブログです! モータースポーツやアニメなんかもたまーーーーーーに書きます。

プロフィール

Author:gundoll
好物の特撮番組
 ・平成仮面ライダーシリーズ
 ・超星神シリーズ
   (特にセイザーX)
 ・ウルトラマンネクサス
 ・ウルトラマンメビウス

仮面ライダー my rank
 1.G3-X
 2.G4
 3.仮面ライダーカイザ

スーパー戦隊 my rank
1.特捜戦隊デカレンジャー
 2.救急戦隊ゴーゴーファイブ
 3.轟轟戦隊ボウケンジャー

ウルトラマン my rank
 1.ウルトラマン(ネクサス)
 2.ウルトラマンメビウス

応援してるF1チーム
 ・McLaren Mercedes

応援してるF1ドライバー
 ・Kimi Raikkonen
 ・David Coulthard

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/01/29 10:54|仮面ライダーカブトCM:0
遂に始まりました、仮面ライダー生誕35周年記念番組!。
かなりの期待を持ってみたわけですが。その期待に見事にこたえてくれる第1話になったと思います。
興奮のあまり、文章も長くなっております。
修論があるってのにwww。
とりあえず、感想は中を見てください。概要文じゃまとめきれない!


今回は、リュウケンドー、マジレンジャーをすっ飛ばしてこちらから感想をいきます。
なぜかといえば、

 素晴らしすぎたから!(*´Д`)

正直言って俺好みにもほどがありますw
バッチリど真ん中打ち抜かれましたね。
やっぱり、平成ライダーに私が求めてることはこういうことなんだと認識しました。

それでは、ポイントごとに取り上げていきましょう。

まずOP。正直ここで一気にやられました。
歴代で第一位に一気にきました(*´Д`)<OP
このOP演出はどこかで見たと思ってクレジットをよく見ていたら、

 タイトルバック  田崎 竜太

ちょwwwww使い方豪華だなおいwwwwwwwwwww
やっぱり田崎演出のOPは最高ですわ。
っていうか、こうなると期待したいのは、本編監督への復帰ですね~、お願いしますよ~w

クレジットについては、他にも注目すべき点がありましたね。

 妖精イラスト 唐橋 充

ちょっと目を疑いましたw
これは次回予告を見る限り第二話で出てくるみたいですが、
この使い方もなんていうか白倉さんらしいというかw
いや、非常にいいんですがね。

そしてもう一つは、SAさんクレジットで高岩さんだけが大きかったこと。
これ、初めて見たような…。
でもいいですよね、影の主役って感じで。


OPはこの辺にしておいて、本編行きましょう。
まず、

  映像の質感変わった?

大分映画チックになりましたね。
カメラ変えたかな。それとも編集でフィルムの質感出したかな。
とりあえず、これも好きなポイントです。

クリーチャーデザインもさすが韮澤さん。
最初が蜘蛛ってのもいいですねw
ここらへんは35周年だし、ってことですかねww

そして、肝心の戦闘演出なんですが、撮り方いいじゃないですか。
クロックアップについては、なんていうか、

 こっちが頭で考えているようなものと同じだった

っていうのが、凄く良かったんでしょうね~。
周りの映像をスローにした上でワームだけを普通の動きにする。
どう編集したのかわからないけど、やっぱりこれですよねw

そして、ゼクトルーパー。

 指揮管理も含めて及第点

あのPC画面が地味にいいですw
一応、戦術を演出してる点も好感触。
たとえ、やられ役だとしても、出し続けて欲しいものです。
ハマーの大行列見たいですwww

そして、そのゼクトルーパーを指揮していた人。

 田所さん、渋カッコいい!!(*´Д`)

シャーク隊長に通ずるものがありますねw
流行か?w
やっぱりオヤジは重要だw

そのサポートとして、岬がいたわけですが、こちらはなんていうかクール女の典型ですかねw
ツンデレを期待したいところですが、次回で抹殺と言ってる時点で期待できないw
こうなったらとことん冷たくいって欲しいかな(;´Д`)

そして、新人隊員、加賀見。

 なんていうか、予想通りのヤツだなw

逆に面白くないw
とりあえず、ヘタレ街道は間違いないようですな。
おそらく、

 カブトゼクターを呼ぶ→総司に奪われる

これが続くんだろうなぁw
哀れなりwww

加賀見と天道総司のファーストコンタクトは、スリきっかけでしたねw
スリとか平然と使うのも好きだなぁw

で、総司のファーストインプレッション。

 なんだ思ったよりイヤミじゃないじゃん

これはうれしい誤算でしたね。
喋り方がアレだけどオンドゥルじゃないし、いいんじゃないでしょうか。
悪くないですよ。

ただ、あの名乗りの演出…

 巨匠演出爆発してるよ…w

ほんと、トンデモやらないと気がすまないのねwww

そして、総司については、面白い事実がw

 完璧超人だけどニートwwwwww

まぁ、ニートと呼ぶにはちと違うのでしょうが、面白いんでこう言いますw
でも、ニートとはいえ、来るべき時のために鍛えてるというのは、
かなり好印象ですね~。
やっぱり、食わず嫌いはだめですわ。結構印象がいいw

そして、妹も登場したわけですが、

 うん、普通にカワイイw

不思議ちゃんや殺伐としたのばかりなので、これは貴重ですわなw
頑張っていただきたいww

そして正ヒロインであろう、日下部ひより。
正直、ここが一番ビックリしたかもw

 「ボクには…」

 僕っ娘キタコレ!!!(;゚∀゚)=3

ヒロイン合格!(爆
実際これからですが、これはポイント高いですわw
機械の心が分かるってのもいいですね~。
今後に期待ですね。

さて、キャスト一通り見たところで、変身演出いってみましょう。
予想通り、加賀見の変身寸前で、総司にもってかれたわけですがwww
カブトゼクターが空間歪曲させて飛んで来る演出はいいですね、かっこいい。
そして、

 「HENSIN」

に、日本語!?
これは思わず笑ってしまいましたwwwwww
しかも、ピーター・ホー並みのカタコトw
ある意味サプライズでしたw

マスクドフォームは最初善戦しましたが当初の設定どおり、クロックアップしたワームには弱いですね。
それでも機転を利かせて撃破したのにはやられましたが^^;
ライダーフォームを持ち越しにするあたりも平成ライダー的ですね(;´Д`)


いや~、長くなってしまいましたw
それだけ、私の印象が良かったということでw
とにかく、気になるところといえば、ライダーフォームおあずけくらいですからね~。
これは、本気で期待できる作品だと思いました。
パイロットとしては及第点はるかに超えてますね。
問題は、3話以降の出来ですね~。そこからが本番です。
大いに期待してみて行きたいと思います。


追記(11:09)
もう一人大事なの忘れてましたwww
ZECT幹部の三島さん。そうです、ゴローちゃんw

 顔見せなかったからよく分からなかったじゃん(;´Д`)

とりあえず声でなんとか…^^;
しゃしゃり出てくることは少ないでしょうが、顔くらい見せて欲しいなとw

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おしらせ掲示板

access counter

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

Copyright(C) 2006 gundollの考察 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。