gundollの考察

特撮が生活の中心な私、gundollがリミッターなしで感想をぶちまけるブログです! モータースポーツやアニメなんかもたまーーーーーーに書きます。

プロフィール

Author:gundoll
好物の特撮番組
 ・平成仮面ライダーシリーズ
 ・超星神シリーズ
   (特にセイザーX)
 ・ウルトラマンネクサス
 ・ウルトラマンメビウス

仮面ライダー my rank
 1.G3-X
 2.G4
 3.仮面ライダーカイザ

スーパー戦隊 my rank
1.特捜戦隊デカレンジャー
 2.救急戦隊ゴーゴーファイブ
 3.轟轟戦隊ボウケンジャー

ウルトラマン my rank
 1.ウルトラマン(ネクサス)
 2.ウルトラマンメビウス

応援してるF1チーム
 ・McLaren Mercedes

応援してるF1ドライバー
 ・Kimi Raikkonen
 ・David Coulthard

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/02/24 16:46|ウルトラマンメビウスCM:2
今まで、ちらほら情報は出ていましたが、
公式ページがついに解禁され、情報が次々と出てくるようになりましたね~。
というわけで、本ブログでも、触れてみたいと思います。



このウルトラマンメビウスですが、40周年記念作品ということで、
またしてもお祭要素のようですね~w
まぁ、それだけ後がないということなのか…^^;

とりあえず、
  • 過去のウルトラヒーローの登場
  • カプセル怪獣の復活
  • 人気怪獣の復活
がどうも売りのようで。
何度も言うようですが、私は過去のものに造詣がないので、
新しいものを見るのと大して変わらないので、
自分にとってはあまりポイントになりません(爆

ということで、違うところを注目していきましょう。
まず、ロゴw

 か…かっこわりぃ^^;

正直言って、これがファーストインプレッションですw
なんか、昭和ですよねあのロゴ^^;
ちょっとアレ?って感じでした。

そして、肝心のウルトラマンメビウス。

 こっちは、結構いいかも

結構好きな造形です。
特に横から見た顔はなかなかですね~。
また、今回も腕になんか付いてるんで、それが変身アイテムになるみたいですね。
コレについては、効果付きで見てみないとなんとも言えんですね^^;

このメビウス、なんでも光の国の宇宙警備隊の新人隊員だそうで、
彼の成長物語を描くということだそうです。
正直、そういう話大歓迎なので、お話の部分は大いに期待したいですね。

今回の警備隊は「CREW GUYS」という名前だそうですね。
そして、隊員は7人の大所帯ですね~。
流石に記念番組なのでそこら辺は豪華ということかなw

隊長は、田中実氏演じるサコミズ・シンゴ。

 なんか、隊長って感じがあまりしないなぁw

まぁ、実際の動いているところ見ないとなんとも言えないですがね^^;

そして、主人公は、五十嵐隼士氏演じるヒビノ・ミライ。
これはもうこういうしかないでしょう!

 お帰りなさい!マジイエロー!!wwwwww

似すぎだからwww
まぁ、所属しているところが若手俳優集団らしいので、
オンドゥルとかは気にしなくて良さそうですねw

あと、隊員の全体的なイメージを見ると、
濃い~のからイケメンまで満遍なく集めた感じですね。
ただ、問題は、女性隊員。

 メガネっ娘にしか萌えない件について^^;

これは、近年稀に見る不作になる可能性が…
ちょっと、ここは見る前から萎え気味ですね^^;

あと、メカですが、こっちについてはマジでノーコメント^^;
カラーリングがあんまりにもアレですね。
動いているところでどれだけ魅せてくれるかにかかってます。

と、個人的な視点としてはこんなところでしょうか。
要望としては、折角の記念作品なので、
平成ウルトラマンからも、何かしら使って欲しいものですね。
カブトのごとくジャンジャンとw


放送は、土曜の夕方枠(5:30)に戻ってくるので、
視聴率の面では少しでも回復すると信じたいものですね。
あとは、今後の情報を楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト
コメント

>過去のウルトラヒーローの登場 カプセル怪獣の復活 人気怪獣の復活

つーことはアレですかね、マックスが『G』ならメビウスは『∀』ってことなんでしょうか(爆)


手元に全く情報がないんで滅多なことは言えないんですが、なんだかあまり期待できそうにないっすねぇ^^;
過去作へのオマージュってのがどうもいい成果を挙げられるようには思えないんですよね、マックスを見てると。
やっぱり時代に沿った新しいモノをどんどん取り入れて行くべきなんじゃないかと。
あ、『カブト』は例外ですよ、ちゃんと昇華できてるようなんで。今の所(笑)
まあ『カブト』の例もあるし、うまくハマれば…てな所でしょうか。
isaya #-|2006/02/24(金) 18:17 [ 編集 ]
to isayaさん
コメントありがとうございます。

∀ですかw
まぁニュアンスとしては合ってるかもしれませんが、
他作品を黒歴史にはしてないですからねwww

これを書いた日は情報も少なく、オマージュ的なところしか見えてこなかったのですが、
公式HPでストーリーとかが明らかにされていくなかで、今回はストーリーにかなり魅力を感じるようになりました。
願わくば、過去のものは適度にお願いしたいものですね。
過剰なのはかんべんです^^;
gundoll #JalddpaA|2006/03/03(金) 22:59 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おしらせ掲示板

access counter

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

Copyright(C) 2006 gundollの考察 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。